:
MENU

乳がん診断のマンモグラフィ診断に関して

乳がん見立てでは、視触診の見立てといったマンモグラフィでの見立てを合わせて行うことが多いです。マンモグラフィは母乳X線採集のことですが、マンモグラフィの見立てではドクターが母乳に触れて行う視触診だけでは見つからなかった乳がんも、発見する事が出来ます。

 

乳がん診断のマンモグラフィ診断に関して

視触診と合わせて行なわれる見立てには、マンモグラフィでの見立ての他に、乳腺エコーでの見立てがありますが、どちらにするか買えるようになっている面もあります。
どちらの見立ても視触診見立てだけではみつからない乳がんを発見しますがマンモグラフィはレントゲン見立てで、乳腺エコー検査は、超音波による見立てだ。こういう2つには個人メリットとデメリットあります。

 

 

マンモグラフィの長所は、石灰化した乳がんも突き止めることができますし、極小のしこりも発見できます。ただ、見立ての時の痛みが耐えられないというお客もいます。
痛みというのは、状態がはっきりというレントゲンに見えるようにするために母乳を圧迫するので少なからぬ痛みがあるようです。しかし、より細かい見立てができるのでおススメだ。

 

一方、超音波見立ては、レントゲンを使わないのでおめでた中間のお客も受けられますし、おめでたを知らないでレントゲンの見立てにあたって後で考え込むようなこともありません。ただ、マンモグラフィと違って石灰化した乳がんがはっきりわからない事です。
こういう2つ見立てを買える面もありますし、そうでない面もありますから、事前に調べておくことをおススメします。

メニュー

このページの先頭へ