MENU

乳がん診断の視触診に対して

乳がん検診はがんの開発に役立ち、初期のうちに乳がんが開発されれば適切な治療を受けることが出来て、予後も美しく安穏生活する事ができます。

 

40歳以上の年頃の女性は乳がんの発症率が高くなるために、40歳として2歳に1回の割合で乳がん検診を受けることが勧められています。
乳がん診察の視触診では、スキンのへこみやディスカウントつれとか、しこりがあるかどうかの検索、乳のトーンや乳頭から分泌を調べます。

 

乳がん診断の視触診に対して

視触診をしたあと、マンモグラフィや超音波を使っての明るい診察が行われます。分泌アイテムがあれば細胞診診察へ回します。
北欧に住んでいた企業のあるママの話によると、北欧ではマンモグラフィのみで触診って視診はないそうです。しかし、乳がんを先輩には必ず視触診があるそうです。

 

日本の乳がん診察では必ず、視触診ってマンモグラフィってを併用して診察が行われています。
また、乳がんのしこりによく迫る「のう胞」というのがあります。とある50代の人物は乳がん診察でしこりがあると言われました。マンモグラフィの診察は後日についてになったのですが、ドクターの言うのには「しこりはありますが、これはのう胞と言ってがんのしこりではありません」とのことで心配しないように言われましたが、やはり気になっていました。

 

しかし、マンモグラフィの診察の結果も乳がんのクエスチョンはありませんでした。後で知ったことは、のう胞とか良性の乳腺異常はたくさんあるそうです。
ドクターの言うことに考えをまわしすぎて心配するのは止めたほうが良いようです。

メニュー

このページの先頭へ