MENU

しこりについて

乳がんは他のがんと違って発見しやすく、また治療がしやすいがんだ。そして、乳がんはいくつかの自覚症状があるのが特徴です。

 

気をつけていると牛乳のしこりを発見することができますが、しこりは2〜3cmのちっちゃながたいなので、牛乳の大きな人の場合はこの程度のしこりのがたいではほとんど感じないといいます。
良性か悪性化の解釈にはしこりの硬さが重要で、始めは消しゴムものの柔らかさも、乳がんが進行してくると次第に硬いしこりとなります。

 

しこりについて

 

自分で見立てをする注意するべきポイントになるのは、仰向けになって胸にふれるとよりわかりやすいのでおススメだ。

 

しこりを自覚した場合には、がたいや硬さにかかわらず必ず信頼のおける医院を受診して、強要放置しないで下さい。
また、普通はしこりがあっても痛みがないことが多いのですが、まれに痛みがあるお客もある。苦痛のあった馴染みは30代の奥さんなのですが、痛みがあったので触ったらしこりがありました。

 

しかし、家内の英知としては乳がんの早急は痛みがないと思い込んでいたので、医院へ行くのが遅くなってしまったようです。
家内を来院した医者の話では、乳がんの早急で痛みがあるお客は2割ほどいるとのことでしたので、乳がんの早急は痛みがないって思い込まない方がいいようです。

 

自分の体躯は、自分で大切にしましょう。より早い段階で見つけるとより良い治療が出来ます。時が重くなるという、それだけ苦しい治療になります。
乳がんの初期認識のためには、自分で行なう見立てとともに、定期的に乳がん見立てを受けることを心がけて下さい。

メニュー

このページの先頭へ