MENU

わきの下のしこりに対して

自分で出来る乳がんの診察として「しこり」がありますが、しこりには母乳にできるしこりと、わきの下にとれるしこりがあります。

 

乳がんを見逃さないために、わきの下のしこりについても知っておくことをおススメします。
わきの下のしこりの硬さはそれほどごつくなく、稀に痛みがある第三者もいますが疼痛はないことが多いです。

 

 

もし、わきの下にしこりが出来ていたら、ためらわずに即病院で診察してもらうことをおススメします。なにもなければそれで良し!ですし、もし、初期の乳がんだったら認知が早ければ適切な診断で軽くてすみます。後で後悔しないように、当人検査ですますのは必須御法度として下さい。

 

若い人は、乳腺の厚みや密度があるためにわきの下のしこりが発見し難いといいます。若い人の乳がんが増えていますので、ういういしい方も気をつけることをおススメします。
また、乳がんは女性が陥るばかりでなく、数は低いのですが紳士も乳がんにかかります。わきの下のしこりが気になってクリニックで診てもらった30代の男性が乳がんと検査されたケースもあります。

 

肝硬変といった慢性肝病魔になった紳士とか、薬の副作用などが原因で肝臓が悪くなっていると高エストロゲン血液症を起こして母乳が発達することがあるようです。
そのような場合、紳士の体内にも女の子ホルモンのエストロゲンがあるので、女の子化母乳になる紳士も乳がんに注意が必要だといいます。
ただ、紳士の場合はどのように乳がん診察を受けるのか気になるところです。

メニュー

このページの先頭へ