MENU

乳頭からの分泌液に関して

自分で出来る乳がんの診断には、乳頭からの分泌液に気がつくこともあります。
乳がんになると出やすい身なりなので、当然乳癌診断の時も、医者が乳頭からの分泌液の有無を診断行う。

 

ところが、とある女性は行政の乳がん診断を受けたら、奥さん医者が思いっきり深くつねったので、その痛苦って乱暴さに、2度とが乳がん診断を受けまいというほどのショックを受けました。
あまりのショックで、とあるヒヤリングホームページに寄稿して依頼しましたが、相手方色々な英知といった経験から数多くのレスが寄せられて、御礼といった感嘆でした。

 

居残る者のレスには、「痛くてショックは聞こえるけれど、乳頭から分泌製品が出ているかどうかは、深くつねらないとわからない。」とありましたが、納得です。これがわからなかったかので、例の女性は医者の嫌がらせとも窺える乱暴さに、ショックを受けたのでした。

 

このことから想うのは、自分で診断をする場合でも、ただ乳頭から分泌製品が出ているかどうか見てみるのではなく、つねって出してみることが必要ということが理解できます

 

ただ、こういう女性はヒヤリングホームページに依頼したことで状況がわかったので良かったのですが、医者の行った意味がわからず、乳がん診断を2度と受けなくなってしまうことも考えられます。

 

レス人間のリアクションにもありましたが、このようなことがないように、行政に報告するのも一案かもしれません。このことを吐露すれば改善して取れる確率と、彼氏本人思い違いが解けたことも考えられます。
ただ言えることは、こういう思い違いから乳がん診断を受けなくなる会社だけは避けたいものです。

メニュー

このページの先頭へ