MENU

増えている乳がんに関しまして

近年は乳がんになる個人が増えているといいます。そして、30代で乳がんになる個人も増えていて、乳がんに罹る女性は20個人に1個人などという時は終わって、15個人に一人が乳がんに罹っているとも言われています。

 

いま、北斗晶様が乳癌で闘病中で、川島なお美様が若くして乳がんで亡くなっています。福島原発の放射能抜け目も噂されていますが、それは別にしても乳がんが増えているのが現状ですから、自分のボディーを続けるための乳がん診断の責任を強く感じます。

 

そして、現代の料理のアレンジ、特に植物繊維を食することが小さくなったことが原因の一部分と考えられています。

 

その理由は、 乳癌はマミーホルモンのエストロゲンに刺激されてなることが多いので、繊維分け前を手広くとっているというエストロゲンの多くが便から放出されて出向くことが医学的にわかっているからです。

 

最近、乳がんが増えている背景には結婚とめる女性が増えていることや、結婚をする年齢が遅くなり、したがって高齢初産の増加したこともあります。また、出産しても十分にバストが出ない女房も増えているといいますが、食クセやお決まりなどの他経済でマミーのボディーが昔と違ってきたこともあげられます。

 

 

また、バストは見つかるのに昔と違って産後すぐにはたらきに出なければならない共稼ぎの女性が増えていることなどがあります。

 

乳がんはマミーのがんの死去率のトップとなっています。さらに、結婚、懐妊分娩等の経験のないほうが乳がんに罹る率は、結婚他の思い出のある人のおよそ倍となっていますから、特に乳がん診断をしっかり受けることをおススメします。

メニュー

このページの先頭へ