MENU

自分でしこりや不具合を見つけた時は

乳がんは臓器へやれるがんと違って、外側に出来るので発見し易いがんと言われています。

 

自覚症状が出やすい乳がんで、おっぱいの中に、ごつくて苦痛のないちっちゃなシコリができることがあります。こういうシコリは気をつけていると自分で発見する事が出来ます。
そのため、時々自分で点検することが乳がんの初期発見に繋がりますが、忘れないように定期的に見る時間を決めておいてください。

 

自分でしこりや不具合を見つけた時は

それには、毎月の生理が終わった週後者ぐらいに診断をするのがおススメだ。閉経して生理がないパーソンは月収、お日様を決めて調べて下さい。

 

そして、少しも異常に気づいたら、ためらっていないですぐに専門医の診療を通して下さい。絶対にそのまま放置しないで下さい。
しこりが見つかると、怖くて医者へ行けなくなってしまう者も少なくありません。しかし、自分でしこりや故障を発見しても、乳がんというお越し達する者はごくわずかで、多くは乳腺症他の良性の不具合だそうです。

 

 

また、乳がんではなく良性の不具合と思っても、本人お越しは危険です。しこりがあったら必ず専門医を受診することをおススメします。発見が早ければ早いほど楽な診断が受けられます。
通常の体調お越しも、要診断の通知が来るって怖くて行けずに放置する人が多いそうですが、それでは何のための体調お越しなのかわからなくなります。
また、しこりが見つかったときに受診する科は「乳腺外科」の専門医か「外科」で、乳がんに対する診療は、産婦人科ではありませんのでアラートを通して下さい。

メニュー

このページの先頭へ